ドバイから車で約2時間。アブダビのグランドモスクに行ってきました!

シェイクザイードグランドモスク

ドバイから高速に乗って約2時間ほどで行けるアブダビ。アブダビはSEX AND THE CITY2の映画で、「ドバイはもう終わってる。今はアブダビだよ。」なんてセリフが出てくるほどで、SEX AND THE CITY2では主人公のキャリー達、女4人で旅をするというのがとにかく私の中では印象的。SEX AND THE CITY2の映画ではたぶんエミレーツのファーストクラスでアブダビに向かうのですが、私はドバイからツアーで行ってきましたよ。

シェイクザイードグランドモスク

まずはグランドモスクについたら、ボディチェックと手荷物チェックが軽くあり、服装がそぐわない人にはアバヤの貸し出しがあります。髪の毛も女性は見えてはいけなくて、手首・足首まで服で見えない状態になっていないといけません。スカーフなどで髪を隠す場合はスカーフの色などはうるさくないので、何色でも構わないので髪が隠せるように適当に頭に巻いておきましょう。ちなみに7分丈のカーディガンなら大丈夫かなと思ったけど、手首まで隠しなさいって怒られちゃいました。あとカップルで行く人は手をつないだり、腰に手をまわして写真撮影はNGです。

シェイクザイードグランドモスク

入口手前の通路。なんていうか広いし、きれいだし。圧倒されます。モスクの周りを一周してみたかったんですが、時間がなくて回れなかったのが残念、ツアーの人が時間厳守ってうるさくて、1時間という時間制限があったためあまりゆっくり見れませんでした。

シェイクザイードグランドモスクのプール(泳げません)

こんな感じで水が張ってある中のタイルもカラフルできれい。色が美しい。日本にあったらデートスポットになりそう。

シェイクザイードグランドモスクの下駄箱

さて、いよいよモスクの中の方に向かうと、何やら下駄箱が。グランドモスクの中は裸足で入りました。えええ?裸足でいいの?っていうのはかなり疑問ですが、イスラム教の人は足とか手をお参りするときに洗ってから入るみたいです。

シェイク・ザイード・グランドモスクの中はとにかく豪華!!

シェイクザイードグランドモスクのスワロフスキーシャンデリア

中に入ってみると、7億円相当のスワロフスキーのシャンデリアと5億円相当のペルシャじゅうたんがお出迎え。これはもうなんていうか贅沢の極みという感じ。大理石の柱や壁の美しさもすごいし、天井にも光が入ってくるガラスのデザインが施されていてきれいでした。

シェイクザイードグランドモスクのシャンデリア

スワロフスキーのシャンデリア。この重さは9トンもあるそうです。このスワロフスキーはすべてドイツからのお取り寄せ品らしいです。それにしても豪華。造形美のなんとやら。

シェイクザイードグランドモスクのペルシャ絨毯

こちらは1枚で47トンの世界一大きなペルシャ絨毯。私としてはどうやって運んだのか?サイズはどうやって合わせたのか?とか不思議でならなかった。ペルシャ絨毯って手縫いですよ?

シェイクザイードグランドモスクのシャンデリア

もう一つのシャンデリア。こちらも美しかったです。いたるところに花が描かれていて、このシャンデリアも華みたいですね。それにしても豪華。

シェイクザイードグランドモスクの床の大理石

これは大理石に描かれた華。上のガラスの光りから虹ができていましたよ。ちなみに、帰りにツアーの運転手のパキスタン人に聞いたのですが、アラブ首長国の父と呼ばれるシェイク・ザイードさんは6人くらいの奥さんがいたらしいです。一夫多妻制で4人まで結婚できるらしいですね。それぞれの息子たちは相当な資産をお持ちなんだとか。そりゃそうよね。

シェイクザイードグランドモスクの廊下

アブダビやドバイの人たちって税金もほとんどなくて、逆に国からお金がもらえるんだって。土地も家も無料で国からもらえる時代もあったとか。お金を借りても無利息。だから今も働かなくても暮らせる人が多くて、宗教的な文化のためレジャーが少ないから、お金持ちの趣味はショッピングだそうです。なのでホテルとかで働いている人って大抵が移民なんですよね。ちなみにこんなに広い敷地と大理石の柱や床、スワロのシャンデリアにペルシャ絨毯を使って500億円くらいなのになぜに国立競技場を立てるのに1500億円もかかるか?疑問でなりません。裕福な国がだすのはいいけど。日本は借金大国なのにね。いろんな国をみるといろんな国の経済事情や文化の違いがあって面白いですよね。

ドバイからのアブダビツアーは現地のツアーで申込みがお得?

アブダビツアーのパンフレット

デザートサファリツアーもそうでしたが、現地のツアーが安かったのでアブダビのグランドモスクへも同じツアー会社をつかいました。ただ、このツアーにはバイキングランチが別途あって、それが1人75Dhだったので、なんか損した気がしましたけど。ツアーのガイドさんがたぶんキックバックが貰えるであろうバイキングランチっぽかったのがちょっと残念。ガイドブックに載っていたツアーだと、190Dh~でランチは各自だったので、まぁ、同じくらいですよね。